中止・延期が決定した主なブラスバンドイベント

3/16に英国政府が「不要不急な接触は避けてください。ブラスバンドは不要不急です」という発表をし、現在英国ブラスバンドの活動は完全にストップしています。 これからの…

ロンドン&南イングランド地区予選、中止

3月14日に行われた西イングランド、北イングランドの各地区予選は半分強行という形で終えましたが、その次に行われる予定だったロンドン&南イングランド地区予選は主催者の間で議論を重ねた結果、中止となりました。   London…

北イングランド地区予選

西イングランド地区で地区予選が行われた同じ日に、イングランドの北側でも予選が行われました。   北イングランド地区。 ニューキャッスルを含んだ、イングランド北東部分です。地図は去年の記事にて。 関連記事:北イングランド地区予選   地区予選のルール再掲。しつこいと思われてもいいや 1.…

西イングランド地区予選

さて、ヨークシャー、スコットランド、中部地区が終わり、次の舞台は西イングランド地区。   関連記事:ヨークシャー地区予選2020      スコットランド予選2020      中部地区予選2020 ここの最有力バンドはフラワーズ。次点がウッドフォールズ、その次にカンボーン。   ここ10年はフラワーズの一強状態で、2010~2019年の優勝回数はフラワーズ8回、ウッドフォールズが2回。 カンボーンは2009年に優勝して以来2位はあるが優勝無し。   今回も例年同様、フラワーズをどこかのバンドが止められるか?というのがこの西イングランド地区。   地区予選のルール再掲。何回もごめんね 1.…

中部地区予選2020

さて、同日に行われた3つの地区予選、最後の一つ。 中部地区予選。   関連記事:ヨークシャー地区予選2020      スコットランド予選   ここの実力バンドはGUS(ガス)とデスフォード。 と言っても最近はGUSが優勢。   2010年からのここ10回の優勝はGUSが7回、デスフォードが2回、ジャガー・ランドローヴァーが1回。   去年はデスフォードが5連覇中のGUSを止めて2012年以来の優勝。 しかし決勝では上位4つに入ることが正直言うと稀な中部地区勢、去年もシード権を得るバンドが無かったので、今回も上位2つのみが決勝へ。   さて、クジ引きによる演奏順はこちら。 1.…

スコットランド予選2020

ヨークシャー地区と同日に行われたのが、スコットランド予選と中部地区予選。   関連記事:北西地区予選2020      ウェールズ予選2020      ヨークシャー地区予選2020   地区予選のルール再掲。読み飛ばしても良いよ! 1.…

2020年のヨーロピアン、中止が決定

今年の4月〜5月にかけてリトアニアのパランガにて行われる予定だったヨーロピアン・ブラスバンド選手権。 中止が決定しました。 悲しい。 一大イベントで、これのために…
, ,

プライドとは何のためにあるのか:フェアリーバンドの一斉退団に対して思うこと

  さて、地区予選の真っ最中ですが、ちょっと不穏な出来事があったのでこちらを先にします。   先日の北西地区予選にて2位を取り決勝へ進んだフェアリー・バンド。 しかし一昨日10日、音楽監督であるギャリー・カットの辞任が発表されました。 https://www.4barsrest.com/news/39092/cutt-resigns-from-fairey   この時期に!?と驚いたのもあるんですが…この記事、何かおかしいんですよ。   普通こういう記事って、退団する人とバンドの両方のコメントがあるんです。 で、大抵は退団する人は「素晴らしい〇年だった」とか、バンドは「素晴らしい指揮者と過ごせて最高だった」とか書いてるんですけど…この記事、指揮者側、ギャリー・カットのコメントしかない。   ということは、この記事はフェアリー・バンドが出したものではなく、ギャリー・カット個人が出した記事。   しかも、書いてある内容が不穏。 「…but…

ブラスバンドのレッスン動画をアップロードしました

  先日、ワイルド・ストロベリー・ブラスの皆様にレッスンを提供し、その様子を編集しYouTubeにアップしました。 全部で3つに分けております。   その1   …

ヨークシャー地区予選2020

関連記事:北西地区予選2020      ウェールズ予選2020   さて、2つの地区予選が終わって、今回は同日に3つの予選がありました。 ・ヨークシャー地区 ・中部地区 ・スコットランド   ヨークシャー地区。 「一番の激戦区」と呼ばれ、有力バンドが多数存在します。 ブラックダイク、ブリッグハウス、グライムソープ、カールトンメイン、ロスウェル…。   ここ数年はブラックダイクとブリッグハウスの2つが決勝で4位以内に入る事が多く、その恩恵を受けた他バンドが入れ代わり立ち代わりで決勝へ進んでいます。だからそこまで激戦区でもない。   去年もブラックダイク、ブリッグハウス共に決勝で4位以内に入り、シード権を持っています。 よって今年はその2つ+他2つの計4バンドが決勝へ進出。   ちなみに当日朝にクジ引きによって決まる演奏順がこちら。 1.…