マーティン・アーウィンがブリッグハウスに加入

元ブラック・ダイクのマーティン・アーウィンがブリッグハウスにソプラノ・コルネット奏者として加入しました。 http://www.brassbandworld.co.uk/news/2940/martin-irwin-returns-to-b-amp-r?fbclid=IwAR2CI-Z_DOqPf1G1iBSCQWXOvbmod12Q8-skEehkJkhKkR3hm_XgjYeGgLc   2017年のブラック・ダイク・バンドの日本ツアーではソプラノ・コルネットを吹いていたので、音を聴いたことのある人もいらっしゃると思います。   その後フェアリーに移籍していましたが、先日の大量退団の中の一人でした。 関連記事:プライドとは何のためにあるのか:フェアリーバンドの一斉退団に対して思うこと   10年ぶりにブリッグハウスに復帰。 まだイギリスのブラスバンドは再開できていませんが、早くブリッグハウスでの彼の音を聴いてみたいですね。

全英選手権、中止

9月のブリティッシュ・オープン、11月のブラス・イン・コンサート、二つの秋のコンテストは早い段階で中止が決定していましたが、10月の全英選手権はギリギリまで開催の可否…

ヴァーチャル・オールスター・ブラスバンドの一員として演奏しました。

突然ですが、ヴァーチャル・オールスター・ブラスバンドの一員としてリモートワーク合奏の形で演奏しました。   このバンドは「COVID-19対策のための寄付募集」を目的…

British Open、中止

11月に行われる予定だったBrass in Concertの中止が発表された翌日、9月に行われるBritish Openも中止が発表されました。   関連記事:Brass in Concert、中止   「決定の時期が早すぎるかもしれないが、安全を守るため」とのこと。   1859年のBritish…

Brass in Concert、中止

夏までのイベントは全て延期・中止になっているブラスバンド界ですが、2020年後半のイベントも中止が発生してきました。   イギリスの3大ブラスバンド・コンテストの一つ、Brass…

ロンドン&南イングランド地区、決勝進出のバンドは無し

地区予選最後に行われる予定でしたが中止となったロンドン&南イングランド地区予選。   関連記事:ロンドン&南イングランド地区予選、中止   代表バン…

中止・延期が決定した主なブラスバンドイベント

3/16に英国政府が「不要不急な接触は避けてください。ブラスバンドは不要不急です」という発表をし、現在英国ブラスバンドの活動は完全にストップしています。 これからの…

ロンドン&南イングランド地区予選、中止

3月14日に行われた西イングランド、北イングランドの各地区予選は半分強行という形で終えましたが、その次に行われる予定だったロンドン&南イングランド地区予選は主催者の間で議論を重ねた結果、中止となりました。   London…

北イングランド地区予選

西イングランド地区で地区予選が行われた同じ日に、イングランドの北側でも予選が行われました。   北イングランド地区。 ニューキャッスルを含んだ、イングランド北東部分です。地図は去年の記事にて。 関連記事:北イングランド地区予選   地区予選のルール再掲。しつこいと思われてもいいや 1.…

西イングランド地区予選

さて、ヨークシャー、スコットランド、中部地区が終わり、次の舞台は西イングランド地区。   関連記事:ヨークシャー地区予選2020      スコットランド予選2020      中部地区予選2020 ここの最有力バンドはフラワーズ。次点がウッドフォールズ、その次にカンボーン。   ここ10年はフラワーズの一強状態で、2010~2019年の優勝回数はフラワーズ8回、ウッドフォールズが2回。 カンボーンは2009年に優勝して以来2位はあるが優勝無し。   今回も例年同様、フラワーズをどこかのバンドが止められるか?というのがこの西イングランド地区。   地区予選のルール再掲。何回もごめんね 1.…