Gretsch(グレッチ)のフィールドドラム(もといテナードラム)のレンタルを開始しました。

 

1960年代の楽器となります。

年代物のためパーツが壊れておりそのぶん安く手に入りました。

しかし当然のことながら使うためには修繕が必要だったので、自分の手でやってみました。

 

まずはヘッドを取ってみます。

 

…?

 

取ってみます。

 

 

くっついてる…!!

 

なんとヘッドのフープが硬質ゴムのようなもので、劣化してドラムフープにベッタリ。

手で引きはがそうにも取れない。

 

しょうがないからヘッドのフープにハサミを入れて

 

 

粉々。

 

まぁ取れたからヨシ!

 

あとはドラムフープに残ったゴムを削り取ってフープは終わり。

 

 

だけど、このドラムの一番の問題はフックの一つが壊れていたこと。

 

 

しかもこのパーツが廃番になっており、eBay等で海外の中古を探すしかない。

このパーツ単体で売ってることはまず期待できなかったので、実はこのドラムを買ってから1年以上放置していました。

 

しかし今回、グレッチの現行パーツを見てみたらこの形のねじ受け部分が付いていないパーツが「バスドラムフック」として売られているのを発見。

 

これに何かねじ受けをくっつけたらいけるんじゃね?

 

というわけで実験。

 

コレらを

 

 

 

コレで

 

 

 

こうして

 

 

 

こう。

 

できた。

溶接ではなく接着剤だけど、取れる様子もない。さすが金属用。

 

そして響き線はマジェスティックのナイロンガットを付けました。

 

余ってたし、暗い音色がフィールドドラムにピッタリ。

傾かないように紐の結び方を工夫しました。

 

完成。

 

というわけで、フィールドドラムのレンタルを開始します。

料金は400円となります。