さて、楽譜のサブスクリプションを記事にしてみましたが、打楽器ソロというジャンルはそこまでカバーされていないのが現状。

 

 

では、オーソドックスな「紙」の楽譜はどうなのか。

打楽器では、国内ではジャパン・パーカッション・センターやブルーマレットと言ったお店があります。

 

ジャパン・パーカッション・センター
https://komakimusic.co.jp/

 

ブルーマレット
https://www.bluemallet.com/

 

しかしさすがに国内のショップ、日本管打楽器コンクールの曲は取り扱いはあれど結構在庫切れのものが多い。曲が発表された後だしなぁ。

では、海外のショップはどうだろう。

 

楽譜を売っているショップは数多くありますが、おそらく世界で最も多くの楽譜を取り扱っている、アメリカの「Sheet Music Plus」で探してみました。

 

Sheet Music Plus
https://www.sheetmusicplus.com/

 

 

先日のnkodaと同じように、曲名の前に付いている

「◯」は「Sheet Music Plusにある」

「×」は「Sheet Music Plusになし」

です。

また、紙の楽譜ですと取り扱いはあっても在庫切れの場合があります。

今回は「24時間以内に発送」以外の楽譜を「在庫切れ」として扱い、

「△」は在庫切れ

で表しています。

 


パーカッション部門

一次予選

<課題曲>

〇Delecluse , Jacques – Test-Claire pour Caisse Claire Seule
ジャック・ドゥレクリューズ – テスト クレール

×Fink , Siegfried – Trommel-Suite
ジークフリート・フィンクトロンメルスイート

〇Goldenberg , Morris – Modern School for Xylophone, Marimba, Vibraphone… Editing by Anthony J. Cirone
モリス・ゴールデンバーグ – モダンスクール フォー シロフォン ヴィブラフォン マリンバ

 

二次予選

<課題曲>

〇Cals , Michel – Quatre Inventions pour Percussion et Piano
ミシェル・カルス – 4つのインヴェンション

<選択曲>

〇Carter , Elliott – Eight Pieces for Four Timpani
エリオット・カーター – エイト ピースィズ

Norgard , Per – I Ching
ペア・ノアゴーイーチン

△Ishii , Maki – Thirteen Drums
石井 眞木 – サーティーン ドラムス

△Stockhausen , Karlheinz – Nr.9 Zyklus
カールハインツ・シュトックハウゼン – ツィクルス

Tharichen , Werner – Konzert fur Pauken
ヴェルナー・テーリヒェン(テーリヘン)ティンパニ コンチェルト

△Fukushi , Norio – Ground for Solo Percussion
福士 則夫 – ソロ・パーカッションのためのグラウンド

×Zivkovic , Nebojsa Jovan – Generally Spoken It is Nothing But Rhythm
ネヴォイシャ・ヨハン・ジヴコヴィッチ (ジブコビッチ)ジェネラリー スポークン イット イズ ナッシング バット リズム

〇Kitazume , Michio – Side by Side
北爪 道夫 – サイド バイ サイド

Xenakis , Iannis – Psappha pour Percussion Solo
ヤニス・クセナキスプサッファ (サッファ)

〇Kopetzki , Eckhard – Canned Heat
エックハルト・コペツキ – キャンド ヒート

Xenakis , Iannis – Rebonds
ヤニス・クセナキスルボン

△Feldman , Morton – The King of Denmark
モートン・フェルドマン – キング オブ デンマーク

△Volans , Kevin – She Who Sleeps With A Small Blanket
ケビン・ボランズ – シー フー スリープス ウィズ ア スモール ブランケット

 

本選

<課題曲>

Jolivet , Andre – Concerto pour Percussion et Orchestre
アンドレ・ジョリヴェ(ジョリベ)パーカッション コンチェルト


 

結果。

結構ありました。

 

いくつかは「1-2週間(または3-4週間)以内に発送」となっており、完全な在庫切れはケビン・ボランズの「She Who(以下略)」だけでした。

 

さて、海外のショップに頼む時、一番気になるのが「いつ届くのか」。

というわけで、実際に注文してみました。

注文した楽譜は、以下の通り。

 

・ミシェル・カルス – 4つのインヴェンション
・エリオット・カーター – エイト ピースィズ
・ヴェルナー・テーリヒェン(テーリヘン)- ティンパニ コンチェルト
・アンドレ・ジョリヴェ(ジョリベ) – パーカッション コンチェルト

 

配達方法は3つあり、

・2-3日で到着 送料約3200円

・1-2週間ほどで到着 約880円

・3-4週間で到着 約660円

 

今回は中間の「1-2週間ほどで到着」を選択。

 

注文日は2月5日。さて、いつ届くか?

 

2月8日の午前中に到着しました。

 

速っ。

 

関税は今回は無し。まぁ、総額1万4000円程度だったし。

 

というか、速すぎない?全て在庫ありのものとはいえ、「1-2週間で到着」じゃなかったの?

 

商品自体も無事でした。

エリオット・カーターの背表紙が斜めに折れていた以外は。

封筒に入れたときに端が引っ掛かったのに無理やり入れたな?

 

でも、これだけ速ければ国内のショップにない時も焦る必要は無いですね。

もちろん今回はたまたま速かっただけで、次回は時間が掛かるかもしれませんが。