久しぶりのブラスバンド記事。

 

毎年5月頃に開催される、ヨーロピアン・ブラスバンド選手権。今年はリトアニアのプランガで行われる予定です。

 

一番上のカテゴリーが「チャンピオンシップ・セクション」

その下の「チャレンジ・セクション」

この二つがありますが、両方の課題曲が発表されました。

 

チャンピオンシップ・セクション課題曲

A Road Less Travelled By / フィリップ・スパーク

チャレンジ・セクション課題曲

Baltic Legends / ヴァイダ・ベイナリーン

 

久しぶりのフィリップ・スパークの新曲。

ヨーロピアンでの新曲は「ペリヘリオン」以来ですかね?

「A Road Less Travelled By」が曲のタイトル。和訳としては「未だ踏まれぬ道」あたりでしょうか。

アメリカのロバート・フロストの詩歌である「The Road Not Taken」の最終行から取られたタイトル。

 

詩歌の全文はこちらから。

https://www.poetryfoundation.org/poems/44272/the-road-not-taken

 

スパークによるとこの曲を書くにあたって「”伝統的な”ブラスバンドの手法を取った」とのこと。

 

 

チャレンジ・セクションは開催地リトアニアの作曲家、ヴァイダ・ベイナリーンの曲。

 

両曲とも初演はプランガでのヨーロピアン・ブラスバンド選手権2020です。

 

原文記事はこちら。

http://www.brassbandworld.co.uk/news/2691/european-set-test-pieces-revealed