以前「楽譜のサブスクリプション」として紹介した「nkoda」。

 

 

ピアノやオーケストラの譜面はあることはサービス説明の中にあったからわかっていたけど、「打楽器奏者向けの楽譜」がいくつあるかはわからなかった。

 

月額1480円(年間一括14800円)という、何も調べずに契約するには少し躊躇う値段だったので、今回調べてみました。

 

とは言っても「打楽器奏者向け」というのはジャンルがまだ広すぎるので、今回は

「クラシック打楽器奏者のソロ曲の楽譜はあるか」

というテーマに絞った。

 

が、これでもまだ範囲が広すぎるので、ひとまず今回は日本のクラシック界で権威を持つ

「日本管打楽器コンクールの課題曲・選択課題曲があるかどうか」

を調べてみました。

 

曲名の前に付いている

「◯」は「nkodaにある」

「×」は「nkodaになし」

です。

 


パーカッション部門

一次予選

<課題曲>

×Delecluse , Jacques – Test-Claire pour Caisse Claire Seule
ジャック・ドゥレクリューズテスト クレール

×Fink , Siegfried – Trommel-Suite
ジークフリート・フィンクトロンメルスイート

×Goldenberg , Morris – Modern School for Xylophone, Marimba, Vibraphone… Editing by Anthony J. Cirone
モリス・ゴールデンバーグモダンスクール フォー シロフォン ヴィブラフォン マリンバ

 

この時点でほぼやる気を無くしているけど一応続けるよ

 

二次予選

<課題曲>

×Cals , Michel – Quatre Inventions pour Percussion et Piano
ミシェル・カルス4つのインヴェンション

<選択曲>

×Carter , Elliott – Eight Pieces for Four Timpani
エリオット・カーターエイト ピースィズ

Norgard , Per – I Ching
ペア・ノアゴーイーチン

Ishii , Maki – Thirteen Drums
石井 眞木サーティーン ドラムス

×Stockhausen , Karlheinz – Nr.9 Zyklus
カールハインツ・シュトックハウゼンツィクルス

Tharichen , Werner – Konzert fur Pauken
ヴェルナー・テーリヒェン(テーリヘン)ティンパニ コンチェルト
(フルオーケストラ編成版のみあり)

×Fukushi , Norio – Ground for Solo Percussion
福士 則夫ソロ・パーカッションのためのグラウンド

×Zivkovic , Nebojsa Jovan – Generally Spoken It is Nothing But Rhythm
ネヴォイシャ・ヨハン・ジヴコヴィッチ (ジブコビッチ)ジェネラリー スポークン イット イズ ナッシング バット リズム

×Kitazume , Michio – Side by Side
北爪 道夫サイド バイ サイド

Xenakis , Iannis – Psappha pour Percussion Solo
ヤニス・クセナキスプサッファ (サッファ)

×Kopetzki , Eckhard – Canned Heat
エックハルト・コペツキキャンド ヒート

Xenakis , Iannis – Rebonds
ヤニス・クセナキスルボン

×Feldman , Morton – The King of Denmark
モートン・フェルドマンキング オブ デンマーク

Volans , Kevin – She Who Sleeps With A Small Blanket
ケビン・ボランズシー フー スリープス ウィズ スモール ブランケット

 

本選

<課題曲>

Jolivet , Andre – Concerto pour Percussion et Orchestre
アンドレ・ジョリヴェ(ジョリベ)パーカッション コンチェルト


以上、全15曲中7曲という結果でした。

マリンバ部門もやるつもりだったけど、もういいよね。

「クラシック打楽器ソロ曲」自体がニッチなものなので、逆に7曲もあるんだと少し驚きました。また、今回のドゥレクリューズの「テスト・クレール」は無かったけど、ドゥレクルーズの他のティンパニやスネアのエチュードはありました。

なので「打楽器奏者はnkodaは全く使えない」というわけでは無いですが、「特定の欲しい楽曲が無い」というのは日常茶飯事になるかなー、とは思います。