,

打楽器の”紙”楽譜

  さて、楽譜のサブスクリプションを記事にしてみましたが、打楽器ソロというジャンルはそこまでカバーされていないのが現状。   関連記事: nkodaは打楽器奏者も使えるのか   では、オーソドックスな「紙」の楽譜はどうなのか。 打楽器では、国内ではジャパン・パーカッション・センターやブルーマレットと言ったお店があります。   ジャパン・パーカッション・センター https://komakimusic.co.jp/   ブルーマレット https://www.bluemallet.com/   しかしさすがに国内のショップ、日本管打楽器コンクールの曲は取り扱いはあれど結構在庫切れのものが多い。曲が発表された後だしなぁ。 では、海外のショップはどうだろう。   楽譜を売っているショップは数多くありますが、おそらく世界で最も多くの楽譜を取り扱っている、アメリカの「Sheet…

ヨーロピアン・ブラスバンド選手権2020の課題曲が発表

  久しぶりのブラスバンド記事。   毎年5月頃に開催される、ヨーロピアン・ブラスバンド選手権。今年はリトアニアのプランガで行われる予定です。   一番上のカテゴリーが「チャンピオンシップ・セクション」 その下の「チャレンジ・セクション」 この二つがありますが、両方の課題曲が発表されました。   チャンピオンシップ・セクション課題曲 A…
,

カナダKジルジャンの合わせシンバルをレンタル開始しました

  超有名シンバルメーカーのジルジャンの歴史のなかでたった2年しか製造されなかった、カナダKジルジャン。 そのMade in Canadaの合わせシンバル18インチを手に入れまし…
,

スタジオに鏡を導入しました

  打楽器の練習は他の楽器と違い、スティックの動きなど視覚からの情報が多いため「鏡を使うと良い」というのが定石でした。 しかし私の中ではそうでも、それがどれ…
,

nkodaは打楽器奏者も使えるのか

以前「楽譜のサブスクリプション」として紹介した「nkoda」。   関連記事: 「楽譜」のサブスクリプション・サービスを比較   ピアノやオーケストラの譜面はあることはサービス説明の中にあったからわかっていたけど、「打楽器奏者向けの楽譜」がいくつあるかはわからなかった。   月額1480円(年間一括14800円)という、何も調べずに契約するには少し躊躇う値段だったので、今回調べてみました。   とは言っても「打楽器奏者向け」というのはジャンルがまだ広すぎるので、今回は 「クラシック打楽器奏者のソロ曲の楽譜はあるか」 というテーマに絞った。   が、これでもまだ範囲が広すぎるので、ひとまず今回は日本のクラシック界で権威を持つ 「日本管打楽器コンクールの課題曲・選択課題曲があるかどうか」 を調べてみました。   曲名の前に付いている 「◯」は「nkodaにある」 「×」は「nkodaになし」 です。   パーカッション部門 一次予選 <課題曲> ×Delecluse…
,

ティンパニのフェルト交換

楽器を中古で買うと、何かしらの不具合は覚悟しないといけないです。 楽器店から買えばプロのリペアの方が整備してくれていると思いますが、オークションなど個人間での…

ソロリサイタルを開催しました

2020年1月26日(日)、福原泰明ソロリサイタルを開催致しました。 当日はなんと100名以上の方々に来て頂けて、満員の中での演奏となりました。 聴きに来てくださった皆様、誠…
,

ジャズ・ヴァイブ奏者はなぜ外側マレットを使うのか

  私は、4本マレット時の単旋律を演奏するときは、右手は外側のマレットを使います。(左手は内側を使います) こんなふうに。 これにしたキッカケはゲイリー・バ…
,

「足の使い方」について

打楽器奏者にとっては「手の使い方」を気にするのは当たり前ですが、「足の使い方」を今回まとめてみました。 私個人で意識していること、気をつけていることなので、他…
,

曲のテンポと音のスピード

「曲のテンポ」と「音のスピード」は全く別物です。 特にテンポを遅くして練習している時に「音のスピード」も遅くしていると、その曲が持っている本来のフレーズのリズ…