BLOG

/BLOG/

ブラスバンドのCDショップ【海外編】

  こんにちは。 前回の記事でブラスバンドCDを扱っているショップを紹介したので、今回は海外編です。 関連記事:ブラスバンドのCDショップ【国内編】 海外と言ってもブラスバンドはやはりイギリスが本場ですので、ショップもイギリスのものが多いです。 1. World of Brass(イギリス) 世界最大のブラスバンドCD/DVD、楽譜のショップです。ブラスバンドのCDだったら何でもあると言って良いほどの品揃えです。 元々はブラスバンドのレコーディング会社であり、「Doyen」というレーベルを展開しています。 なので、自社でレコーディングしたCDに対してはダウンロード販売もしております。しかもMP3だけでなく、ハイレゾ音源(FLAC、ALAC)まで。 ちなみにこのDoyen、iTunes StoreやSpotify等に音源を流通させていません。なので、ダウンロードで購入したい場合はこのWorld of Brassが最善の選択肢だと思います。 購入したファイルはジャケットやタグ情報もしっかり付いております。 CDを購入する場合の配送料も、日本までは£5.95(約880円)です。 World of [...]

By |2018-11-14T12:23:33+00:0011月 14th, 2018|一般|0 Comments

ブラスバンドのCDショップ【国内編】

  こんにちは。 最近アプリのゲームで「ウインド・ボーイズ!」というのがあるみたいですね。 「吹奏楽(ウインド)+美少年(ボーイズ)でウインド・ボーイズ!という事らしいです。 なんか語呂がカッコいいですね。私も真似してみたいです。 相手が吹奏楽ならこっちはブラスバンドでいきましょう。だから最初は「ブラス」ですね。 「ボーイズ」の部分は…。私はもうボーイという年齢ではないのでこれはキツイですね。 ボーイズに近くて、私に当てはなる言葉…。あぁ、あったあった、これでいいや。     こんにちは、「ブラス・ボーズ!」の福原です。     さて、今までいくつかのブラスバンド曲を紹介して参りましたが、全部YouTubeでした。 YouTubeは正直音質があまり良くないので、もしご興味ある曲がありましたら是非CDなどキチンとした録音を聴いてくださると嬉しく思います。 でも、「ブラスバンドのCDってどこで買えばいいの?」と疑問に思われる方もいらっしゃると思います。 と言うわけで、今回はブラスバンドのCDを取り扱っているショップをご紹介していきます。   1. ミュージックストア・ジェイ・ピー [...]

By |2018-11-12T23:21:50+00:0011月 12th, 2018|ブラスバンド|0 Comments

ブラスバンド世界ランキング

  こんにちは。 「僧侶兼打楽器奏者」の肩書にも関わらず最近「僧侶」成分皆無のブログを書いている福原です。 いや、よくよく考えてみれば「打楽器奏者」成分も最近希釈に希釈されほとんど見えないくらいブラスバンドの事しか書いていないので、もうなんか「ブラスバンド好きなだけのただの人」になりつつある福原です。 もう少し僧侶成分を濃くすれば「ブラスバンド・プリースト」の称号が手に入りそうな今日この頃。   はい、そんなこんなで今日もブラスバンドの話です。 サッカーと同じように、ブラスバンドにも世界ランキングがあります。 ただし、サッカーは「国」単位でのランキングに対して、ブラスバンドは「バンド」単位。 4barsrest(フォーバーズ・レスト)が独自に作成したランキングですが、今のところこの順位が一番権威を持っています。 毎月更新されていて、大きなコンテストが多い9月〜11月は特に順位の入れ替わりが激しい。 とりあえず2018年11月10日現在の順位はこちら。一番右の+/-とは前回からの順位変動数値です。   順位 バンド 地域(国) ポイント +/- 1 コーリー [...]

By |2018-11-10T14:58:12+00:0011月 10th, 2018|ブラスバンド|0 Comments

私の好きなブラスバンドの曲達・その2

  さて、先日の「その1」に引き続き、今回は「その2」です。 関連記事:私の好きなブラスバンドの曲達・その1 一度にたくさんの曲を出してもドン引きされるだけなので、毎回2、3曲を紹介していきます。今回は3分のマーチと、20分のコンテスト・ピースの2つです。 ※ジャンルのバランスもへったくれも無く、ただただ「この曲好き」というだけが基準です。 ※今までブログに登場してきていない曲をなるべく出していきます。でも、既に登場済みのが出てきたらその時は「重複してでも出したいほど好きなんだな」と思ってください。 では、どうぞ。   ジュビリー (ポール・デュルーリー) 四分音符=140+のクイック・マーチ。冒頭から最後まで軽快に進んで行きます。 私も何度も演奏した事があり、中間部のグロッケンシュピールのフレーズを担当しました。 が、一回だけ、目を凝らさないと譜面も音板もよく見えない暗い場所で演奏した事があり、その時一音ミスしてめちゃくちゃ目立ちました(悪い意味で)。 曲の後の指揮者のトークで「ここは暗くて譜面が見えにくいから、ミスしても許してね」とフォローされ、その意味でも凄く思い入れの深い曲です。   ヴィタ・エターナ・ヴァリエーションズ (アレクサンダー・コミタス) 「全てのブラスバンド曲の中で、最も美しいメロディを持つ曲は何か?」というのには、いくつもの意見があると思います。 P. グレイアムの「エッセンス・オブ・タイム」と言う人もいるだろうし、E. [...]

By |2018-11-09T19:42:27+00:0011月 9th, 2018|ブラスバンド|0 Comments

私の好きなブラスバンド曲達・その1

  こんにちは。 最近ブラスバンド曲を紹介しておりましたが、もうなんかただ単純に「好きなもの紹介したい」という煩悩欲求が生まれてきたので、勢いに任せて書いて行きます。 ※ジャンルのバランスもへったくれも無く、ただただ「この曲好き」というだけが基準です。 ※全部まとめて出してもドン引きされるだけなので、少しずつ紹介させて頂きます。今回は「その1」です。 ※今までブログに登場してきていない曲をなるべく出していきます。でも、既に登場済みのが出てきたらその時は「重複してでも出したいほど好きなんだな」と思ってください。 では、どうぞ。 ベア・ネセシティーズ (テリー・ギルキソン arr.ジョン・ベネット) 初っ端からEbベース・ソロ。ディズニー映画「ジャングル・ブック」の曲です。ただただ楽しい。   フラワーデイル (フィリップ・スパーク) はい、重複。「ハイランド賛歌」全7楽章のうちの第4楽章。ソロイストはソプラノのレジェンド・プレイヤー、ピーター・ロバーツ。   イモータル (ポール・ロヴァット・クーパー) ブラック・ダイクの歴史を敬して書かれた曲。この動画ではカットされてるけど、CDでは冒頭にバンドの歴史を語っています。中間部で各楽器にスポットが当たっているのも良いです。   [...]

By |2018-11-07T11:30:58+00:0011月 7th, 2018|ブラスバンド|0 Comments

フォーデンズ・ソロ&クアルテット・コンテスト

10月にあった全英選手権で優勝した、フォーデンズ・バンド。 関連記事:全英ブラスバンド選手権決勝・結果 このフォーデンズ、独自でコンテストも主催したりしています。 その名も「フォーデンズ・ソロ&クアルテット・コンテスト」。 年齢ごとにカテゴリーが分かれていて、一番下は11歳以下から。 コンテストの趣旨は「地域の人達(特に子供達)がたくさん出場できるソロ&アンサンブルコンテスト」と言う感じです。 私もイギリスにいた時に一度、審査員としてこのコンテストに参加したことがありますが、アットホームで雰囲気が良いコンテストです。 ソロ&クアルテットとはあるけれど、デュオのカテゴリーもあります。 フォーデンズ・バンドのウェブサイトに今年の結果が載っていますが、ここでも分かる通り、かなりたくさんのカテゴーリーがあります。特に子供たちのカテゴリーは細かい。 なるべくたくさんの子供達に参加して欲しい、と言う意図が見て取れます。   カテゴリーの「Slow Melody」とはこういう曲です。   「Air Varie」は変奏曲を含んだソロのこと。例えば   こういう地域のコンテストもあるよー、という紹介でした。

By |2018-11-05T23:20:55+00:0011月 5th, 2018|ブラスバンド|0 Comments

SIDDIS BRASS(シディス・ブラス)・結果

  さて、昨日の記事でエンターテイメント系コンテストにSIDDIS BRASS(シディス・ブラス)と言うのがあるよ、と書きましたが 関連記事:SIDDIS BRASS(シディス・ブラス) 今年は11月3日に行われ、結果が出ました。   エリートセクション優勝は マンガー・ムジークラグ!   と言うわけで、マンガーは来年11月のブラス・イン・コンサートへの出場権を獲得しました。 結果は以下の通り。数字は「演奏ポイント+エンターテイメントポイント=合計点数」 1. マンガー・ムジークラグ (マーティン・ウィンター): 96 + 10 = 106 [...]

By |2018-11-04T12:43:47+00:0011月 4th, 2018|ブラスバンド|0 Comments

SIDDIS BRASS(シディス・ブラス)

  先日の記事でブラス・イン・コンサートという、少し変わったコンテストがあるよと書きましたが 関連記事:グライムソープとヴィルティオージGUSがブラス・イン・コンサートを棄権 ノルウェーでも同じように、エンターテイメントを主としたコンテストがあります。 その名も「SIDDIS BRASS(シディス・ブラス)」。 各バンド、(一番上のカテゴリーの場合)20〜25分の間で自由にプログラムを組み、演奏面だけでなくエンターテイメント面でもポイントを競います。 このコンテストにも5つのディヴィジョンがあり、 エリート・セクション(イギリスで言うチャンピオンシップ・セクション) 1stセクション 2ndセクション 3rdセクション 4thセクション に分かれています。 エリート・セクションの優勝バンドは、翌年の11月のブラス・イン・コンサートへの出場権を得ることができます。 さて、2018年のエントリーバンドは以下の通り。()内は指揮者。 エリートセクション 1. オスロー・ブラスバンド (ジョン・フィリップ・ヘイネヴィック) [...]

By |2018-11-04T11:38:14+00:0011月 3rd, 2018|ブラスバンド|1 Comment

ブラック・ダイク、2019年秋に日本ツアー

  イングランドのヨークシャー地区に位置するクインズベリーに本拠地を置くバンド、ブラック・ダイク・バンド。 2016年、2017年に日本ツアーを行って話題になりましたが、来年2019年秋に再来日が決定致しました。 今のところ東京、大阪、札幌でコンサートを行う予定です。日本ではまだ公式には発表されていないのですが、去年のようにすみだトリフォニーホールでもコンサートをすることは聞いています。 ちらっと情報がこちらの4barsrest.comの記事の最後に書かれています。 また詳しくは改めて。    

By |2018-11-03T20:29:04+00:0011月 2nd, 2018|ブラスバンド|0 Comments

ヨークシャー地区予選2019日程

  今日から11月。今年も残すところあと二ヶ月ですね。 そろそろ寒くなってきました。髪の毛無いんで帽子買わないと。   さて、来年の全英選手権決勝のための予選会が、来年2月以降各地区で行われますが、激戦区の一つであるヨークシャー地区の日程が発表されました。 2019年3月2日 ・3rdセクション ・4thセクション ・1stセクション 2019年3月3日 ・2ndセクション ・チャンピオンシップ・セクション 一日に2つとか3つのセクションを一気に行うので、朝早くから夜遅くまでぶっ通しでコンテストが行われます。2日目のチャンピオンシップ・セクションの結果発表なんて夜10時過ぎるんだよ?強行スケジュール過ぎない? ちなみに審査員は以下の通り。 ・3rdセクション ショーナ・ウェイド デイヴィッド・ソーントン ・4thセクション アラン・デュグイド サンディー・スミス [...]

By |2018-11-01T20:26:11+00:0011月 1st, 2018|ブラスバンド|0 Comments