British Open、中止

11月に行われる予定だったBrass in Concertの中止が発表された翌日、9月に行われるBritish Openも中止が発表されました。   関連記事:Brass in Concert、中止   「決定の時期が早すぎるかもしれないが、安全を守るため」とのこと。   1859年のBritish…

Brass in Concert、中止

夏までのイベントは全て延期・中止になっているブラスバンド界ですが、2020年後半のイベントも中止が発生してきました。   イギリスの3大ブラスバンド・コンテストの一つ、Brass…

本堂での演奏をYouTubeにアップしました

今までコンサートは地下室でやっていましたが、以前から本堂での演奏を撮りたいと思っていましたので、動画を作ってみました。   演奏はもちろんのこと、録画録音、…
,

グロッケンシュピールのオーバーホール

スタジオにかなり楽器は揃ってきていたのですが、主な楽器の中でグロッケンだけがまだ無い状態でした。 そして今回、中古ではありますがYAMAHAのYG-1000をオークションで購入。思ったより高くなっちゃったけど。   しかし、届いてみたら結構酷い状態。 鍵盤の表面は青錆だらけだわ、鍵盤の下の箱はホコリだらけだわ、フレームのホイールは鉄屑だらけ。   中古品を買った時は必ず自分の手でオーバーホールをしていますので、今回もやってみました。   用意するもの ・作業用手袋 ・5-56 ・除光液 ・タオル大量 ・ポリエステル紐(太さ2mm) ・ドライバー などなど…。   手順としては …

ロンドン&南イングランド地区、決勝進出のバンドは無し

地区予選最後に行われる予定でしたが中止となったロンドン&南イングランド地区予選。   関連記事:ロンドン&南イングランド地区予選、中止   代表バン…

中止・延期が決定した主なブラスバンドイベント

3/16に英国政府が「不要不急な接触は避けてください。ブラスバンドは不要不急です」という発表をし、現在英国ブラスバンドの活動は完全にストップしています。 これからの…

ロンドン&南イングランド地区予選、中止

3月14日に行われた西イングランド、北イングランドの各地区予選は半分強行という形で終えましたが、その次に行われる予定だったロンドン&南イングランド地区予選は主催者の間で議論を重ねた結果、中止となりました。   London…

北イングランド地区予選

西イングランド地区で地区予選が行われた同じ日に、イングランドの北側でも予選が行われました。   北イングランド地区。 ニューキャッスルを含んだ、イングランド北東部分です。地図は去年の記事にて。 関連記事:北イングランド地区予選   地区予選のルール再掲。しつこいと思われてもいいや 1.…

西イングランド地区予選

さて、ヨークシャー、スコットランド、中部地区が終わり、次の舞台は西イングランド地区。   関連記事:ヨークシャー地区予選2020      スコットランド予選2020      中部地区予選2020 ここの最有力バンドはフラワーズ。次点がウッドフォールズ、その次にカンボーン。   ここ10年はフラワーズの一強状態で、2010~2019年の優勝回数はフラワーズ8回、ウッドフォールズが2回。 カンボーンは2009年に優勝して以来2位はあるが優勝無し。   今回も例年同様、フラワーズをどこかのバンドが止められるか?というのがこの西イングランド地区。   地区予選のルール再掲。何回もごめんね 1.…

中部地区予選2020

さて、同日に行われた3つの地区予選、最後の一つ。 中部地区予選。   関連記事:ヨークシャー地区予選2020      スコットランド予選   ここの実力バンドはGUS(ガス)とデスフォード。 と言っても最近はGUSが優勢。   2010年からのここ10回の優勝はGUSが7回、デスフォードが2回、ジャガー・ランドローヴァーが1回。   去年はデスフォードが5連覇中のGUSを止めて2012年以来の優勝。 しかし決勝では上位4つに入ることが正直言うと稀な中部地区勢、去年もシード権を得るバンドが無かったので、今回も上位2つのみが決勝へ。   さて、クジ引きによる演奏順はこちら。 1.…