毎年4月終わり〜5月頭頃に開催される、ヨーロッパ各国のナショナル・チャンピオンシップスを勝ち抜いたバンドが参加するコンテスト、ヨーロピアン・ブラスバンド選手権。

今年は4月26〜27日に開催されます。

課題曲1曲と自由曲1曲の計2曲の合計点数で競いますが、各バンドが選んだ自由曲のリストが発表されました。

 

と言っても審査員はカーテンに囲まれたボックス内で演奏を聴くため、どのバンドがどの曲を演奏するかが事前にわからないように、今回の発表も曲だけの発表です。

 

選ばれた曲は以下の通り。()内は作曲者。

 

・ブリュッセル・レクイエム(ベルト・アッペルモント)

・コンチェルト・フォー・ブラスバンド(ローランド・ツェントパリ)

・コンチェルト・グロッソ(デレク・ブージョア)

・エクスプローアズ・オン・ザ・ムーン(ポール・ラファエル)

・エクストリーム・メイクオーヴァー(ヨハン・デ=メイ)

・いにしえの時代より(ヤン・ヴァンデルロースト)

・ガラス(サイモン・ドブソン)

・イーゴリ・ストラヴィンスキー通りのキング・コング(ポール・マギー)

・天球の音楽(フィリップ・スパーク)

・オールド・リックス・ブレスド・アップ(トースタイン・アーガード・ニールセン)

・南緯39度(ピーター・グレイアム)

・ヴィタ・エターナ・ヴァイリエーションズ(アレクサンダー・コミタス)

 

このうち、ピーター・グレイアムの「南緯39度」のみ2バンドに演奏されます。

ちなみに課題曲は、スイスの作曲家ルドヴィク・ヌーロワーの「ディア・カッサンドラー」。

 

ヨーロピアンは有償のライブストリーミングを提供するようで、パソコンやスマートフォンでコンテストのライブ映像を観れるようです。なんかまだ発売してないけどみたいだけど。

 

ちなみに今年のヨーロピアンはスイスのモントルーで行われるので、日本との時差は8時間。

課題曲は26日の16〜22時まで。日本時間27日の0〜6時。

自由曲は27日の12〜18時半まで。日本時間27日の20時〜28日の2時半まで。

 

もうちょっと日本のことを考えてスケジュールしてくれねぇかな。