同日に3地区行われた地区予選、3つ目は西イングランド地区です。

 

 

この地区の強豪バンドは、フラワーズ・バンド。

過去10回の西イングランド地区予選の中の7回をこのフラワーズが制しています。

他はウッドフォールズ・バンドが2回、カンボーン・バンドが1回。

 

フラワーズは過去にユーフォニアム奏者のデイヴィッド・チャイルズを首席に招聘したり(後に短期間ではあったけど指揮者も任せたり)、色々と活動的なバンドです。

2015年の決勝では4位に入り、シード権も得ました。

 

近年の地区予選の2位にはウッドフォールズが入るのが多く、時々カンボーンや他のバンドが入り予選通過していました。

 

そんな西イングランド地区の演奏順抽選結果は以下の通り。

1. ボーンマウス・コンサート・ブラス
2. カンボーン・タウン
3. ヴァーウッド・コンサート・ブラス
4. ハイド
5. フラワーズ
6. セント・デニス
7. セント・オーステル・タウン
8. ランナー&ディストリクト・シルバー
9. ウッドフォールズ
10. チャルフォード
11. リドブルック
12. フィルトン・コンサート・ブラス
13. アルドボーン

 

フラワーズは前半、ウッドフォールズは後半に入りました。カンボーンは2番目と早い位置に。

 

西イングランド地区でシード権を持っているバンドはいないので、予選通過条件は「上位2位に入ること」。

 

さて、地区の絶対王者フラワーズに取って代わることは出来るか西イングランド地区2019結果はこちら!

 

順位 バンド 指揮者
1 フラワーズ ポール・ホランド
2 アルドボーン デイヴィッド・ソーントン
3 フィルトン・コンサート・ブラス トム・ダヴォレン
4 ウッドフォールズ ロバート・チャイルズ
5 カンボーン・タウン ケヴィン・マッケンジー
6 セント・デニス ダレン・ホーケン
7 ヴァーウッド・コンサート・ブラス ケヴィン・スミス
8 リドブルック グリン・ウイリアムズ
9 セント・オーステル・タウン イアン・マクナイト
10 ランナー&ディストリクト・シルバー デイヴィッド・ハミルトン
11 チャルフォード スティーヴ・テューブ
12 ボーンマウス・コンサート・ブラス ハワード・エヴァンズ
13 ハイド ギャリー・カット

フラワーズとアルドボーンが予選通過

 

フラワーズ、盤石

 

西イングランド地区3連覇となりました。これで直近10回中8回優勝。

ちなみにフラワーズのロゴはバンド発祥となった会社、「フラワーズ&サンズビール醸造所」のものです。

1968年に倒産して今はもう無い会社ですが、名前とロゴだけはバンドとして残っています。こういう「伝統」が根強く残るのは非常にイングランドらしさを象徴しているなぁ。

 

それよりも奥さん、あれですよ、いやそれよりもなんて言ったらフラワーズに失礼だけど、

 

2位にアルドボーン。

完全にノーマーク。

だってアルドボーンは確かに過去に地区予選優勝はしているけど、それも1981年のこと。

2000年代はチャンピオンシップ・セクションと1stセクションを行ったり来たりしているいわゆる「エレベーターバンド」でした。

2010年代にデイヴィッド・ジョンソンが指揮者となり、2011年に全英選手権1stセクションでの優勝を皮切りにメキメキと成績を上げ、2016年には実に35年ぶりにチャンピオンシップ・セクションの全英選手権出場となりました。

この流れをデイヴィッド・ソーントンが受け継ぎ、2018年にはブリティッシュ・オープンの予選も突破し史上初のブリティッシュ・オープン出場。

 

こういう10年20年単位の積み重ねが花開くから、この世界は面白い。

 

これまでの予選通過バンド一覧
北西地区 フォーデンズ
レイランド
ペンバートン
ヨークシャー地区 ブラック・ダイク
ブリッグハウス
グライムソープ
カールトン・メイン・フリックリー
スコットランド地区 コーオペレイション
ウィットバーン
中部地区 デスフォード
ヴィルトゥオージGUS
西イングランド地区 フラワーズ
アルドボーン