さて、同日に行われた3つの地区予選の二つ目、中部地区予選。

 

この中部地区は、ヴィルトゥオージGUSバンドが2018年まで5連覇中で、2位には毎年入れ替わりでデスフォードやソレスビー、ジャガー・ランドローバーなどのバンドが入っておりました。

 

デスフォードはいわゆる「古豪バンド」で1980年代から1990年代初期にかけて黄金期を迎えたバンドでした。

1985年〜1986年には全英選手権で2位、ブラス・イン・コンサートで1位、ヨーロピアンで1位を攫っていき、1987〜1989年には全英選手権を3連覇。

間違いなく当時「トップ中のトップバンド」。

ただ、何故かブリティッシュ・オープンでは成績が振るわず、全盛期でも良くて5位、悪い時は16位などで、結局一度もブリティッシュ・オープンを制した事はありません。

 

話が逸れた。

 

さて、当日朝に決まる演奏順抽選結果はこちら。

1. ソレスビー・コリアリー
2. ラッシュデン・タウン
3. スパル・ソヴェリーン
4. フォレスターズ・ブラス
5. デスフォード
6. ジャガー・ランドローヴァー
7. ダーウェント・ブラス
8. ヘイサーン
9. ヴィルトゥオージGUS
10. ブリッドワース・ウェルフェア
11. ラトビー・コーオペレイティブ
12. ラングリー

 

この中部地区にもシード権を持ったバンドは無いので、予選突破条件はスコットランドと変わらず「上位2バンドに入ること」。

 

さて、5連覇中王者のGUSを引き摺り下ろすことは出来るのか中部地区予選2019、結果はこちら!

 

順位 バンド 指揮者
1 デスフォード・コリアリー マイケル・ファウルズ
2 ヴィルトゥオージGUS クリス・ジーンズ
3 ラトビー・コーオペレイティブ マライカ・グレイ
4 フォレスターズ・ブラス ジョン・デイヴィス
5 ブリッドワース・ウェルフェア サイモン・オーツ
6 ジャガー・ランドローヴァー ナイジェル・シーマン
7 スパル・ソヴェリーン トレヴァー・ジョーンズ
8 ラングリー クリフ・パーカー
9 ダーウェント・ブラス ジャック・キャプスタッフ
10 ソレスビー・コリアリー イアン・マクエリゴット
11 ラッシュデン・タウン アデレ・ハドソン
12 ヘイサーン ジョン・ハドソン

デスフォードとGUSが予選通過

 

デスフォード、王座奪還!

 

2012年以来の地区予選優勝です。

GUSは6連覇ならず。ただ、昨年末に6年間バンドを率いたアダム・クークがノルウェーのバンドに引き抜かれてしまったため、新しい音楽監督クリス・ジーンズで初めての地区予選。決勝進出の権利は死守しました。

 

これまでの予選通過バンド一覧
北西地区 フォーデンズ
レイランド
ペンバートン
ヨークシャー地区 ブラック・ダイク
ブリッグハウス
グライムソープ
カールトン・メイン・フリックリー
スコットランド地区 コーオペレイション
ウィットバーン
中部地区 デスフォード
ヴィルトゥオージGUS