私自身非常にぐうたらな性格もあって、気を抜いていたら時間の使い方がめちゃくちゃになります。

「さぁ始めよう」とやってみたら5分も持たずに他の事を始めてしまったり、

「ちょっと休憩」と少し休もうとしたら1時間以上再開せずに休憩してたり

 

なので、何か作業する時、練習する時はタイマーを使うようにしています。

使っているタイマー。バイブレーターだけにも出来るので、練習の途中に鳴っても邪魔されないものにしています。

 

作業を始める時は「30分続ける」と決めて30分後にタイマーが鳴るように設定し、

休憩も時間を決めて例えば「10分」と設定したら、10分後にタイマーが鳴った後はすぐに再開。再開する時も次の作業時間(30分とか40分とか)を新たに設定するのを忘れずにする。

 

こうやって作業→休憩→作業→休憩…とタイマーに管理させることによって、ぐうたらな自分を叩き起こしています。

 

このやり方のデメリットは、いちいちタイマーを設定しなければいけないので物事の手順が一つ増える事と、

特に休憩時間終了のアラームが鳴った時に「あーうるせぇな、はいはいわかったよわかりましたよ再開しますよ」とタイマーに対して文句を垂れるようになる事ですかね。

 

いつも口悪くてごめんね、でもいつもありがとう、タイマー。