さて、昨年からWind Band Pressにて書かせて頂いているコラム「福原泰明の音楽説法」、第4回が公開されました。

「主人公」~僧侶兼打楽器奏者 福原泰明の音楽説法 第4回

 

今回は音に対して主観的と客観的と両方から音を聴く方法、また後半に集中力を生む方法について書いております。

ご一読していただければ嬉しいです!