ブラスバンド界で最も古くからあるコンテスト、ブリティッシュ・オープン。

毎年9月始めにイングランドのバーミンガムにて行われています。

演奏する曲は1曲のみ。全てのバンドが15分以上のコンテスト・ピースを演奏して競います。

 

ウィルビーの「パガニーニ・ヴァリエーションズ」や、先日紹介したコミタスの「ヴィタ・エターナ・ヴァリエーションズ」などが過去のブリティッシュ・オープンで演奏されました。

 

関連記事:私の好きなブラスバンドの曲達・その2

 

この度、来年2020年のブリティッシュ・オープン課題曲が決定。

タイトルは未定ですが、エドワード・グレッグソンがこのコンテストのために書き上げる新作。

ブリティッシュ・オープンで演奏された後は、以下の4つの国のナショナルズでも課題曲となります。

・オランダ
・ベルギー
・スイス
・ノルウェー

 

グレッグソンの曲がブリティッシュ・オープンの課題曲となるのは2008年の「ロココ・ヴァリエーションズ」以来です。

原文ニュースはこちら→2020 vision sees Edward Gregson gain European-wide major commission

 

ちなみに、2019年のブリティッシュ・オープン課題曲はピーター・グレイアムの「ダイナスティ」。

このコンテストが世界初演となります。

2019 British Open test piece to honour Harry Mortimer