スコティッシュ・オープン・ブラスバンド選手権

///スコティッシュ・オープン・ブラスバンド選手権

スコティッシュ・オープン・ブラスバンド選手権

 

(´・ω・)<はい3本目いってみよー

 

スイスとベルギー、二つのナショナルズと並行して行われた、スコティッシュ・オープン。

これはヨーロピアンとは関係ないんだけど、チャンピオンシップ・セクション下位〜ファースト・セクションのバンドにとっては重要なコンテストで、毎年11月にスコットランドのパースにて行われています。

私も一回ヘルプとして出たことがありましたが、ホールは小さめですが綺麗なところで、各バンドの選曲も比較的簡単なコンテスト・ピースから難易度最上級クラスの曲まで幅広く、聴いていても面白かったです。

ただ、あの時はスコティッシュ・オープンがブラス・イン・コンサートのちょうど一週間後だったので、

ブラス・イン・コンサートでソロイストをやってからの休む暇もなくスコティッシュ・オープンのリハに連日参加し、そしてコンテストのためにスコットランドへ…というスケジュールだったので、誇張無しでイギリスにいた期間で一番キツかった。

 

はい、そんな死ぬほど興味のない話はいいとして、スコティッシュ・オープンの結果はこちら!

順位 バンド 指揮者 点数
1 ウィットバーン ニコラス・チャイルズ 193
2 コーオペレイティブ・フュネラルケア マイケル・ファウルズ 192
3 ワンテイジ・シルバー ポール・ホランド 191
4 エランド・シルバー ダニエル・ブルックス 190
5 ペンバートン ベン・ディクソン 189
6 アトランティック・ブラスバンド サルヴァトア・スカーパ 188
7 EYMS スティグ・マースク 187
8 フィッシュバーン ルイス・ウィルキンソン 186
9 レインフォード ギャレス・ブリンドル 185
10 ロスウェル・テンパラス デイヴィッド・ロバーツ 184
11 カーキンティロッチ・ケルヴィン チャールズ・キーナン 183
12 ボン・アコード スティーヴン・マルコム 182
13 ダルメリントン ナイジェル・ボディス 181
14 イースト・ロンドン ジェイン・マリル 180
15 ノーソップ・シルバー ジョン・ドイル 179
16 カーキンティロッチ レイモンド・テナント 178
17 ニュートングランジ・シルバー アンドリュー・ダンカン 177
18 ベイスゲイト デイヴィッド・ソーントン 176
19 ボネス&キャリデン リー・スキップシー 175

Image result for whitburn band

優勝、ウィットバーン! 

これでウィットバーンは5度目のスコティッシュ・オープン制覇。

指揮者はブラック・ダイクの音楽監督、ニコラス・チャイルズ。ダイクの出ないコンテストはこうやって他のバンドの指揮者もやってます。

 

…ところで、一つ気になる小ネタ。

4barsrest.comのTwitterでこんなのが。

「目を疑ったんだけど、ベースを吹いてるの、ポール・ダフィーじゃない?」という内容。

 

ポール・ダフィーとは、元ブラック・ダイクのソプラノ・コルネット奏者

ソプラノ・コルネット奏者。バンドの中で一番音の高いアレ。

 

 

Ebベース吹いとる…。

 

写真を拡大してみてもう一つ気付いた。

 

隣にいるの、クリス・ハーディ。

元フェアリーのベース奏者で、お前今デンマークに住んでるやんけ。

指揮者のジョン・ドイル(元ブラック・ダイク、現レイランド)が、二人を助っ人で呼んだのでしょう。

 

時々こうやって、トップバンドを離れた人に「なんでお前がそこにいるんだ」とツッコミを入れられるのも、ローカルなコンテストの見どころです。

2018-11-28T14:41:03+00:0011月 27th, 2018|ブラスバンド|0 Comments