(´・ω・)<今日も二本立て

 

さて、スイス・ナショナルズと同じ週末に、ベルギーでもナショナルズがありました。

来年4月のヨーロピアンへのベルギー代表を決めるコンテスト。

 

スイスとスコットランドで大きなコンテストがあったので、このベルギー・ナショナルズは4barsrest.comでもほとんど取り上げられず。

と言うわけで情報が無さ過ぎるので、早速結果に移りたいと思います。

 

結果!

 

順位 バンド 指揮者 課題曲 自由曲 合計点数
1 ブラスバンド・ウィレブローク フランス・フィオレット 291 291 582
2 フェスティヴァル・ブラスバンド 不明 288 282 570
3 ノード・リンバーグス・ブラスバンド 不明 279 276 555
4 ブラスバンド・リーランド 不明 285 264 549
5 ブラスバンド・ゼレ 不明 273 267 540
6 ブラスバンド・ヘイスト 不明 267 264 549
7 コルトリッジ・ブラスバンド 不明 264 258 522

 

…「不明」って、いくら何でも情報無さ過ぎでしょ…。

 

と言うわけで、ブラスバンド・ウィレブロークが去年に引き続き2連覇となりました。

ちなみにこのウィレブローク、指揮者のフランス・フィオレットが1979年にバンドを立ち上げ、今に至るまでベルギーのトップクラスのブラスバンドであり続けています。

1978年から始まったベルギー・ナショナルズ。今年で40回目(1992年は中止)となりましたが、そのうちの半分、20回はこのウィレブロークが優勝。

特に2012年からは、このウィレブロークか、またはもう一つの強豪バンド、ブラスバンド・ブイジンゲンかと言う争いでした。

 

…あれ、そう言えばブイジンゲンは?今年、ナショナルズに出てすらなくね?

と思って調べたら、こんな記事が。

Vertommen closes 25 year chapter at Buizingen

ブイジンゲンを25年の間率いたルーク・フェルトメンが辞めるってよ、という。
この記事が去年の12月。

ブイジンゲンのツイッターを見てみると、今年の2月まではフェルトメンが指揮し、その後は別の指揮者に変わった模様。

 

次のツイートを見ていると、奏者急募している。

 

でも、そのツイートの後は一切音沙汰無し。
今年4月のコンテスト、フレミッシュ・オープンもエントリーはしたが棄権した模様。

これはあれか、「長期政権の築いた指揮者が去る時、その指揮者に付いてきた人が一気に辞めた」パターンか。

 

ブイジンゲンと共に「アースライズ」や「地球最後の日」を作り上げた作曲家、ナイジェル・クラークも2015年始めにバンド専属作曲家を辞め、

同じ2015年の終わりにはブイジンゲンの顔だったコルネット奏者、ハーマン・ファンホーンも辞めている。

 

主要奏者と指揮者が離れると崩壊するのは、イギリスでもよくあること。
これだからバンド運営というのは難しい。