【結果】スイス・ナショナル・ブラスバンド選手権

///【結果】スイス・ナショナル・ブラスバンド選手権

【結果】スイス・ナショナル・ブラスバンド選手権

 

(´・ω・)<多忙と体調不良のため更新止まってました。

 

さて、先週の土日(24、25日)もヨーロッパ各国にて重要なコンテストが3つ行われていました。

1. スイス・ナショナル・ブラスバンド選手権(以下スイス・ナショナルズ)

2. ベルギー・ナショナル・ブラスバンド選手権(以下ベルギー・ナショナルズ)

3. スコティッシュ・オープン・ブラスバンド選手権

 

今まで紹介した通り、ヨーロッパの各国にてコンテストがあり、勝者は来年4月のヨーロピアン・ブラスバンド選手権(以下ヨーロピアン)への出場権を得ます。
今回はスイスとベルギーにて行われました。

関連記事:

【結果】オランダ・ナショナル・ブラスバンド選手権

【結果】オーストリア・ナショナル・ブラスバンド選手権

 

特にスイスのブラスバンドは近年急激に上げってきています。

と言うのもヨーロピアンは1978年に始まり、2013年まで36回中実に30回はイギリスのバンドが優勝していたのですが、ここ5回(2014〜2018年)の内2回、スイスのバンドが優勝しています。

2014年にブラスバンド・ブルガームジーク・ルツェルンがスイス勢で初めて優勝し、今年はヴァライシア・ブラスバンドがヨーロピアンを制しました。

数年前まではダークホース扱いで注目度も高くなかったスイスのバンド。
さて、そのスイス代表を決めるスイス・ナショナルズは、今年はどんな結果でしたでしょうか。

 

はい、結果!

 

順位 バンド 指揮者 課題曲 自由曲 合計点数
1 ヴァライシア・ブラスバンド アーセン・デューク 1 3 4
2 ブラスバンド・ブルガームジーク・ルツェルン ミハエル・バッハ 3 1 4
3 ブラスバンド・トレイズ・エトイルズ ジェイムズ・ガーレイ 2 4 6
4 ブラスバンド・フライブルグ モーリス・ドネット=モネ 4 2 6
5 ブラスバンド・オバーランド コージン・トゥアー 6 6 12
6 アンサンブル・デ・キュイブル・ヴァライシアン フランコイス・ロー 5 8 13
7 リバティー・ブラスバンド・オシュチュヴァイツ ステファン・ロス 8 7 15
8 アンサンブル・デ・キュイブル・ユーラシアン ブレイス・ヘリティアー 10 5 15
9 オーバーアーガウアー・ブラスバンド クリストファー・ルハシンガー 7 12 19
10 アンサンブル・デ・キュイブル・メロディア ヴィンセント・バローニ 9 11 20
11 ムジークゲセルシャフト・リシュ・ロトクルーズ ルカ・フライシュナハト 11 10 21
12 コンステレイション・ブラスバンド イヴァン・ラガー 12 9 21

 

優勝、ヴァライシア・ブラスバンド!

 

これでヴァライシアはスイス・ナショナルズ4連覇。

ちなみに、ヨーロピアン優勝バンドは次年度も無条件で出場でます。
ヴァライシアは昨年優勝しているので、今回は「既にヨーロピアン出場決定しているバンドが優勝」と言う状況なので、今回は2位のバンド、ブラスバンド・ブルガームジーク・ルツェルンもヨーロピアンの出場権を得ました。

2018-11-28T14:35:20+00:0011月 27th, 2018|ブラスバンド|0 Comments