前回の記事で「バンド名にスポンサーが入るよ」という話をしましたが、今回は少しその話を掘り下げていく形に致します。

イギリスのブラスバンドのそれぞれの名前は、だいたい「地域の名前」か「会社の名前」のどちらかが発祥です。

言ってしまえば、始まりが「会社のバンド」としてか「地域のバンド」としてかの違いですね。

一部を例に取り上げると、

会社の名前
・フェアリー
・フォーデンズ
・ブラック・ダイク
・レイランド

地域の名前
・グライムソープ
・ブリッグハウス

などなど…。

会社のバンドとはいわゆる「会社の部活動」で、バンドの歴史が始まった当初は会社名そのものを使っていました

・フェアリー・アヴィエーション(飛行機部品製作会社)
・フォーデンズ・モーターワークス(自動車製作会社)
・ブラック・ダイク・ミルズ(製粉所)

しかし、不景気とともにその部活動が廃止されて会社とは切り離されていくに従って、会社の固有名詞だけがバンド名として残りました。


しかし、もう一つ、バンドの名前が変わる時があります。

スポンサーがついた時です。

この場合、パターンが二つあります。
1. 現存の名前の後ろにスポンサー名が付く
2. そっくりそのままスポンサー名になる

前者は
・フェアリー→フェアリー・ジェニヴァ(楽器製作会社)

後者は
・フォーデンズ→ブリタニア・ビルディング・ソサエティ(金融会社)
・コーリー→バイ・アズ・ユー・ビュー(不動産会社)

どちらにせよ命名権のようなもので、そのスポンサーが離れた後は元々の名前に戻っています。

さて、ここまで来ましたら次はそれぞれのバンドの歴史も書いていきましょうか。

いつになるかわからないけど。