全英ブラスバンド選手権決勝・結果

//全英ブラスバンド選手権決勝・結果

全英ブラスバンド選手権決勝・結果

さて、昨日行われた「全英ブラスバンド選手権・決勝」。

結果が出ました。

イギリス全体から集まったトップ20バンドのうち、カップを掲げたのは・・・

フォーデンズバンド!

以前は日本人の稲葉さん、木村さんが所属していたバンドですね。

今は

プリンシパル・ユーフォにゲーリー・カーティン

ソロ・テナーホーンにジョニー・ベイツ

など、最近トップ奏者たちがフォーデンズに移籍していました。

元レイランドのEb ベースのイアン・マクナイツや、ついこないだまでフェアリーにいた打楽器のリック・ブリスも今フォーデンズ。

特にリック、お前いつの間に移籍したのや。

フォーデンズの皆さん、おめでとうございます!

ちなみに優勝カップはこれ。デカイ。


全順位は以下の通り

1. フォーデンズ (ラッセル・グレイ)
2. コーリー (フィリップ・ハーパー)
3. ブリッグハウス&ラストリック(デイヴィッド・キング)
4. ブラック・ダイク(ニック・チャイルズ)
5. フェアリー (ギャリー・カット)
6. グライムソープ (アラン・ウィズィントン)
7. フラワーズ (スティーブ・サイクス)
8. トリディーガー (イアン・ポートハウス)
9. ウィットバーン (フローレント・ダイディアー)
10. ウッドフォールズ (ロバート・チャイルズ)
11. フライアリー・ギルドフォード (クリス・キング)
12. コーペレイティブ・フュネラルケア (フランツ・フィオレット)
13. ヴィルティオージ・ガス (アダム・クーク)
14. NASUWTリバーサイド (デイヴィッド・ロバーツ)
15. デスフォード・コリアリー (マイケル・ファウルズ)
16. レイランド (トーマス・ワイス)
17. サンダーズリー (ナイジェル・テイクン)
18. シティー・オブ・カーディフ (ナイジェル・シーマン)
19. トングインライス・テンパラス (アンドレアス・クラッツ)
20. RMTフィッシュバーン (デイヴィッド・ハースト)

上位4バンドの
フォーデンズ
コーリー
ブリッグハウス
ブラック・ダイク

は、無条件で来年の決勝への参加資格を得ました。
他のバンドは来年2月〜3月の予選を勝ち抜かないといけません。

ヴィルティオージ・ガスの指揮者、アダム・クークはこれを最後に長年率いたバンドを離れ、ノルウェーに移住し、スタヴァンガーという現地の有名バンドの音楽監督となります。有終の美は飾れず。

ブラック・ダイクは2014年以来のカップを狙いましたが、今回も4位。

レイランドはまぁうん、ドンマイ。

フェアリー惜しかった。5位が一番悔しい。また来年予選から。

2018-10-07T14:08:02+00:0010月 7th, 2018|音楽|0 Comments